COLUMN

女性弁護士コラム

選択的夫婦別姓制度

弁護士の竹下です。

令和3年6月23日,最高裁判所大法廷は,夫婦同姓を定めた民法750条と,婚姻届に「夫婦が称する氏」を記載すると定めた戸籍法74条1号について,憲法24条に違反するものではないと判断しました。

平成27年の最高裁大法廷判決においても,合憲の判断がされていたところ,その後の社会情勢の変化や国民の意識を踏まえても,平成27年の大法廷判決の判断は変更すべきではない,との判断です。

合憲の判断がなされているものの,「(夫婦の氏についての)制度の在り方は,…国会で論ぜられ,判断されるべき事柄にほかならないというべきである。」と指摘し,国会での議論を求めているように思われます。

なお,この判断は,最高裁判所の裁判官15人中11名の判断であり,残りの4人は違憲と判断しています。

この判決を受け,選択的夫婦別姓制度の導入について,国会にて十分議論されることを願います。
国会の動きにより注目をしたいと思います。